つみき

不動産会社の選び方|快適な毎日を手に入れるヒント

専門業者の手で早めに

男女

流れや期間

住宅ローンの返済ができなくなった場合には、それを利用して購入した住宅は、債権者によって強制的に競売にかけられます。これを回避するために、多くの人が専門業者に依頼して任意売却を進めています。なぜ競売を回避する人が多いのかというと、競売の場合は売却価格も立ち退きの時期も、個人で決めることができないからです。それに対して任意売却では、どちらも自身で設定可能となっています。つまり、より自分に都合の良い形で住宅を手放すことができるわけです。ただし債権者が競売の準備を始めるのは、住宅ローンの返済がストップしてから約3ヶ月後となっています。そしてその後、約3ヶ月をかけて競売が進められることになるので、任意売却は住宅ローン滞納後、約6ヶ月を目安としておこなう必要があると言えます。具体的には任意売却では、まずは売却する住宅の宣伝活動をおこない、買い手を募集することになります。買い手がついた場合には、売買契約と登記移転手続き等をおこなうのです。買い手がつかなかった場合、あるいは諸手続きが遅れた場合には、競売が始まってしまう可能性があります。また、住宅ローンを滞納すると、日に日に遅延損害金が発生することになります。その負担を大きくしないためにも、任意売却は早めに進める必要があると言えます。そのため任意売却を選択した人の多くが、専門業者の手を借りているわけです。宣伝活動も諸手続きも、専門業者なら個人と比較するとスピーディに進めていくことができるのです。